とりあえず派遣に登録

派遣の種類には3種類あるのですがそれぞれに雇用形態が違っていて派遣で働くにはきちんとした理解が必要です。

とりあえず派遣に登録

種類についての説明

私達が普通「派遣」と呼んでいるのは一般派遣と言われる種類で派遣会社に登録をしている人が派遣先が決まった時に派遣先で働く時に初めて派遣会社と雇用契約を結んで派遣先の会社で働くと言う事だそうです。
雇用期間が決められている為に雇用期間が終了すると再契約か新たに他の派遣先を探すのかと言う選択が必要の様です。
派遣会社に登録すれば安心と思っていたのですが実際に派遣先が決まらないと雇用契約が出来ないと言う事を実は初めて知りました。
登録はあくまでも登録で登録だけでそれだけで安心していてはいけないと言う事です。
雇用期間が終了しても派遣先の会社が再契約をしてくれればいいのですが結構難しいような気がします。
又、雇用期間が終了してもすぐに別の派遣先が決まればいいのですがこれも案外難しいような気がします。
一番安定した収入が得る事が出来る派遣の種類は特定労働派遣という種類です。
派遣会社の正社員になると言う事です。
直接派遣会社に雇用されているので派遣先が決まっていなくても毎月の給料が減る事はありません。
常用型派遣とも呼ばれているようですが今までこういった形態で働く人は私の周りや知り合いにはいません。
派遣といえども派遣会社の正社員だからこの特定労働派遣として働くにはかなりの難関を突破しないといけないように思えます。
最近増えて来ているのが紹介予定派遣と言う種類で正社員として採用する事を前提としたシステムです。
最大で6カ月の派遣期間がし終了した時点で派遣社員と派遣先の会社の合意が確認できれが派遣先の会社で正社員として採用されるのです。
新しい職場と言う物は働く側にも雇い、いれる側にも不安と言う物があります。
働く側にすれば実際に働いてみると自分には合っていないとか会社の雰囲気のどうしても馴染めないなどの理由ですぐに辞める人も多くいます。
どちらにしてもお試し期間のような物で働く側にも雇う側にもお得感が感じられます。
最近では今まで一般の派遣では認められていない医療機関への紹介予定派遣は可能になったようです。
現代の医療の現場の人手不足を解消するための考えられた事かも知れませんがそれによって医療現場の人手不足が解消されればそれに越した事はないと思われます。
結構注目を浴びているようです。
私が派遣社員として働くならば一番は特定労働派遣で二番目は紹介予定派遣、そして三番目は一般派遣になるのですが派遣として働くのも雇用形態が様々で結構難しいものだと思います。
Copyright (C)2017とりあえず派遣に登録.All rights reserved.